病院の概要

病院とは、病気や事故によって負傷した身体や精神に対する治療を専門とした施設である。
出産から死までを診ることから現代社会においては欠かせない施設となっている。また施設では医師、正・准看護師を始めとして約20前後の医療関係資格を有する関係者が勤務している。
大学系、国公立系、中規模・大規模、救急救命、開業医系の施設があり、規模によって入院施設や勤務する医療関係者が異なる。
規模の大きなものでは地域の中核・基幹施設として救急救命や災害時に大きな役割を担うことになる。
開業医などや規模の小さな病院では診療所や医院、クリニックと呼ぶことが多い。
診療所の定義は法律的に決まっており入院施設が0~19床以下の施設であり、クリニック・医院なども同じである。

最近では、男女それぞれに特化した専門の病院などもあり、従来よりも気軽に相談出来る環境となっている。
男性特有の症状として挙げられるのが、仮性包茎である。
仮性包茎とは、男性器の亀頭部全体、あるいは一部が陰茎部の皮によって包まれている状態を指す。
実は、仮性包茎である日本人男性は、全体の約8割であると言われている。
仮性包茎は、すぐに手術しなければならないといった危険なものばかりではない。
しかし、中には深刻な病気を発症させる男性や、コンプレックスを抱え込んでしまう男性も少なくないため、なるべく病院へ相談することを推奨されている。

関連リンク

カルトン包茎の治療情報を調べるなら【包茎手術ナビ】

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031